2016年09月07日

ヨコスカトモダチJazz 

久しぶりにソロでジャズフェスに突撃〜。ということでここしばらくは毎日Maple Leaf Ragでウオームアップ、気分は一人、Bourbon Street (のちょっとはずれの奥の方)!
天気予報は雨模様だったけれど、土曜日の夕方に通り雨があったくらいで、ヨコスカの皆様の心掛けの良さに感服した2日間。

20160903.jpgしかしさすがに蒸し暑く、初日のAlex Saloonにピアノを運び入れたところですでにどぶどぶの汗まみれ。これもニューオリンズな感じじゃありませんか。ありがたいことに入口を開け放った店内は冷房が効きすぎず、じわっと汗ばむくらいの温度。寒いよりは汗まみれのほうが、ずっと幸せ。

Alex はフェスのお客さんや常連の外人さんが程よくざわめき、ちょっと奥ではビリヤードをしながらも曲が終わると手を止めて拍手を送ってくれる、大変幸せなライブ環境。テキサスの方、久しぶりに会う音楽トモダチ、ライブハウスのオーナーさんまでいろんな方が声をかけて下さって、いやいや、ほんとにトモダチジャズじゃありませんか!
演奏が終わると外を見知った顔のDixieland Jazzのパレードが。雰囲気、まさにBourbon Street。

1日目の2ステージ目、2日目の1ステージ目の会場、Dublin はもう一息落ち着いた雰囲気で、ゆっくりニューオリンズの音楽旅にお付き合いいただきました。日立からわざわざ神田で一泊してこのフェスに来た、というご夫妻が聴きに来て下さってびっくり。情熱あるジャズファンとの出会いはフェスティバルの最高の楽しみですね。
今回はかなりピアノソロも入れて、まさにSaloonな感じの選曲。ブギウギA Trainで大分エキサイトしちゃって、顔を上げたとき、みんな帰っちゃったんじゃないかとちょっと不安に...。ダイジョブでしたけど。ラグ、ブルース、ゴスペルと私の一人語りにほとんどの方が1時間耳を傾けて下さったのが本当に嬉しかった。皆様ありがとうございました!

最後のステージは同じDublinで Moonyさんのラッキーリズムに参加しました。この時間は入口の窓を開け放ち、ステージからドブ板通りまで一体化。さすがはハマのロックンロール番長。トラッドの名曲をムーニーワールドに仕立て、見事に聴衆を湧かせておりました。曽我君&アンディのハイパーなホーンセクションにアントンのドラム。Speedy氏の「ベース乗り」は依然見たときよりさらに見栄え、サウンドともパワーアップしてて、口開いちゃったわ。一発芸、大事ですな。怒涛の音量で突き進む中で私のソロだけ「電化以前」みたいな感じで自分で笑ってしまった。でもそれをメンバー、お客さんもみんな楽しんでる。こういう自由なジャムが、ジャズの楽しい所なんだよね。

村松さん、安藤さん、私のステージをいろんな方に紹介してくれた柴田さんをはじめとしたフェスティバルスタッフの皆様、そしてお店の方もみんなとってもフレンドリーで、名前の通りトモダチジャズだなあ、って思いました。ぜひ、この暖かい雰囲気でいつまでも続いてほしい!

ちょっと残念だったのは、ステージ時間が重なっていて他の演奏が聴けなかったこと、そしてビールが飲めなかったこと〜〜〜(ピアノを運んで車だったので)。次回は策を練らねば。


20160904ヨコスカ浦島太郎.jpg
最後に印象深かったお客さんのこと。2日目、一息つきにAlexに寄ったら一人のおじちゃまに出会った。脳梗塞を患い、言葉が思うように出ないんだけど、とっても明るくて、人懐っこくて、これから隣のお店で演奏なんです、という私や一緒にいた友人たちに飲みなさい飲みなさい、とご馳走してくれる。名刺には「浦島太郎」。ひょいとビリヤードテーブルに近づき、外人さんたちと身振り手振りでゲームに興じる。人生、楽しんでる。言葉なんて出なくたってトモダチになれるよ、って幸せそうな笑顔が語ってくれました。
VIVA トモダチジャズ!

posted by Alligator Natsuko at 01:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

ニューオリンズのソロピアノ恋しや

al broussard.jpegニューオリンズに行き始めた頃バーボンストリート717番地にTricou Houseというバーがあった。そこでAl Broussardというおじいちゃんがほぼ毎夜、ピアノを弾きながら歌っていた。アップライトピアノに座っている姿が表通りから見え、彼は通りを往く人に「入っていかないかいレディ」なんて声をかけながら、ハッピーな歌とピアノを湧き出るように途切れなく演奏していた。
ルースや、ストライドや、ゴスペルがごちゃまぜ自由に出てきて、リクエストはうろ覚えでもとにかく歌っちゃう。お礼に「ジョニ黒を」おごってくれようとする客に「俺は赤しか飲まない」なんて頑固なところも見せながら、まるでバーボンストリートの風景の一部みたいに演奏をしていた。
一歩外へ出ると酔客のラッシュ、騒がしくて猥雑なバーボンストリート。でもAlのところに来れば、古い映画の中に入ったような懐かしく温かい、気分になることができた。

ニューオリンズピアノ、というのは単なる奏法とかスタイルではなく、言葉で表現し尽くすのはとても無理なのだけれど、彼らには何か共通したものがある。学生の時初めて聞いたJames Bookerの On The Sunny Side Of The Street で 雷に打たれたような心の揺れを感じてから、ニューオリンズ、ピアノソロ、というキーワードを手がかりに実に個性豊かなピアニストに巡りあってきた。当時すでに有名だったDr.John もバンドのアルバムはまずまず楽しい、と思っていたけど、彼の本名名義で出した2枚のソロアルバムの美しく、カッコ良かったこと。そして鬼才James Bookerの流れを組むHenry Butlerをニューオリンズで身近に見た日々は私の人生の宝だ。
ユーモアこそ音楽を彩るもの、と教えてくれた女性ブルース&ブギの弾き語り Katie Webster 、今まさに油の乗ったニューオリンズピアノの御曹司 Davell Crawford。

みんな強烈にSwingし、ソウルがにじみ出るところは共通。必ず持っている必殺芸があるところも。
そしてどこかちょっといびつで、毒がある。
フグみたいなもんですかね。

さて、週末は、ヨコスカトモダチジャズというジャズフェスで、夜は関内でもソロ。
懐かしいALの作ってくれた空間を思い出しながら、賑やかなフェスの横丁で酔客を待とう。

posted by Alligator Natsuko at 02:56| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

古川奈都子2016年9月号

人の体温より暑くなったかと思えば毎週のように台風が上陸するすさまじい夏でしたが、皆様、ご家族やお友達はご無事でしたでしょうか?
9月に入り、夜になると秋の虫の音も聞こえるようになりましたが、まだ夏は続きそうな気配ですね。

ワタクシは8月後半のJeju Island Swing Festivalを無事に終え、クールダウンしながら往く夏を惜しんでいます。
今月は今週末にまた楽しそうなフェスティバルにお招きいただいております。おなじみのお店でも夏の疲れを癒す、金魚売りみたいなライブをやってますので、残暑を逃れて涼みにいらしてくださいませ。

又、24(土) にはジャズヴォーカルのグループレッスンを行っているヤマノミュージックサロン新宿で、新しい初級クラス開講に先立ち、1回完結の入門講座を行います。ニューオリンズで30年間学んできた、楽しく、エネルギッシュに歌うノウハウを丁寧にお伝えしていきます。ぜひお気軽にご参加くださいね。

さらにお知らせ
10/19(水)はぜひ横浜サムズアップへ!ニューオリンズからWendell Brunious(tp,vo)のカルテットが来日します。”今”の感覚で、ニューオリンズのトラディショナルなジャズやR&Bを蘇らせるセンスと圧倒的な演奏のチカラは本当に素晴らしく、何より楽しい!ニューオリンズ音楽の豊かさを余すところなく伝えてくれます。ぜひ、お見逃しなく。
詳細はこちら


9月のライブ

9/2 (金) 自由が丘 マルディグラ  “ハートフルニューオリンズナイト“ Live & Session
=海付豊(sax,cl)    03-3722-6892  8:00-11:00pm
第一金曜日はハートフルニューオリンズナイト
トラッドジャズを中心にセッションもあります

9/3 (土) - 4 (日) ヨコスカトモダチjazz2016
ヨコスカの新しいジャズフェス。おなじみの出演者も沢山、楽しくなりそうです!
ワタクシはニューオリンズの横丁感たっぷりのソロピアノで3ステージ、ムーニーさんとの共演でワンステージ、ドブ板をバーボンストリートにしちゃいます。
 9/3 (土) アレックス・サルーン 16:00~17:00(solo)         
     ダブリン 17:30~18:30(solo)
 9/4 (日) ダブリン  16:30~17:30 (solo)      
         18:30~19:30 (w/Mooney & His Lucky Rhythm)

9/3 (土) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

9/7 (水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

9/8 (木) 田原町・ハブ浅草店  03-3847-8896 19:20-22:20
=Soul Food Cafe= 曽我清隆(tp) 海付豊(sax,cl) 石原由理(tb) 新井健太郎(b) 平林義晴(ds)
いつも賑やかな浅草の名所。Soul Food Cafeののホームグラウンド。
今月は ベースに新井健太郎 が登場

9/10(土)  神保町・アディロンダックカフェ  03-5577-6811  7:30-10:30pm
=加藤晋一(tp) ニューオリンズセッション 後藤雅広(cl)  公平昭浩(bj) 伊藤穣一(b)
私のジャズの原点、直球のニューオリンズリバイバル。投げ銭ライ

9/11(日) 広尾プラザ・音の広場
=海付豊(sax,cl)  13:00〜13:40、14:30〜15:10、15:50〜16:30
2F 音の広場にて、お買い物の合間のひとときにほっとできるライブ
小さいころに聞いていたポップスや懐かしいテイストのジャズ
うみちゃんの soprano saxが美しく響きます

9/12(月)銀座・The Deep   03-3571-9277
=浅田尚美 (vo) 7:30-11:15 pm 
Soul" って言葉がとにかく似合う、 尚美姉さんのガツンと来るボーカルと。

9/14 (水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで
=鈴木史子(vo)   http://blog.goo.ne.jp/jazzlivebar_apple

9/17 (土)  日吉・Wonder Wall Yokohama  045-595-9967 7:30pm-11:00pm
=海付豊(sax,cl) 小林真人(b) 平林義晴(ds) http://wonderwall-yokohama.jp/
日吉に登場した大人の隠れ家。今回は済州島遠征メンバーでお届けします

9/18(日)新宿三丁目・銅鑼  03-3226-0919  1:00-4:30pm
=ダイナ (vo) Duo 他  http://www.jazz-nagaya.com/

9/20(火)新宿・サンメンバーズ  03-3349-8601
カウンター、イタリアンダイニング、鉄板焼きのコーナーのあるホテルダイニング、「エクセレントクラブ」での演奏です。スタンダードジャズ&ポピュラーを弾き語ります

9/21 (水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

9/24(土) ヤマノミュージックサロン新宿店 03-5909-2137 
1回完結♪初心者向けジャズヴォーカル講座 15:30-17:00

9/25(日) 川崎・ぴあにしも 044-222-8422  1:00pm〜夕方 
”ひるにしも” オープン!! 
 =杉山いち子 (vo) 海付豊(sax,cl) 小林真人(b)
ニューオリンズみたいに、大らかな昼ジャズ。 ドリンク&フード¥300〜 チャージなし、投げ銭ライブです

9/26(月)西荻窪・ミントンハウス  03-5370-4050 7:30-10:10pm
=海付豊(sax,cl) 佐久間 和(g)
ニューオリンズアフタヌーンな3人組

9/27(火)新宿・サンメンバーズ  03-3349-8601

9/28 (水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで
=w/ 岩見淳三(g)   http://blog.goo.ne.jp/jazzlivebar_apple

9/29 (木) 川崎・ぴあにしも 044-222-8422 8:00pm-
= ナッツボン 中村好江(tp) 海付豊(sax,cl)   http://jazzpp.com
美味しい手作り料理の待っている、リビングみたいなジャズダイニング。
今年いっぱいで移転予定、歴史のしみついた今の場所でのライブ、ぜひ見ておいてくださいね。
今月はナッツボンで初出演!

秋のライブ予告
10/14 ミントンハウス 高澤綾(tp)
10/16 浅草HUB 音彩 ブル松原 (vo)
10/23 コゲイトエクスプレス@元住吉Powers2
10/30  鎌倉文学館コンサート
11/5  ぴあにしも フェアウエルコンサート in 川崎 Soul Food Cafe
11/12&13 新宿トラッドジャズフェスティバル
11/20  昼:チャーリー田川コンサート @HUB浅草  夜:野毛洋子@ミントンハウス
11/21  野毛洋子@HUB浅草

◆Jeju Island Swing Festival, ダンサー400名が金曜の夜に続々と集まり、二晩、12時から朝までバンドで踊る、ホントに元気なイベントでした。今もSFCを愛してくれるダンサーに感謝いっぱいです。  フェスティバルの様子はこちら photo albumはこちら

◇Jejuから戻った翌日、台風とすれ違いながら茨城の祖母を訪ねました。8月にめでたく102歳に。この3,4年は年老いていく様子もむしろなく、いったいどこまでいくのだ、もんちゃん!もう、姿を拝めるだけでもありがたや、一日一日を穏やかに過ごしてほしいと願っています。

◆8月はJEJUの準備にエネルギーを注ぎましたが、その中でゲスト出演させていただいた17日の播東和彦さんのバースデイライブは素晴らしかった!!ベリーダンス、サンバダンスがゲストで、お客さんをうんと笑顔にしたところで播東さんの渾身のボーカルが心に真っ直ぐに届いてくる、聴く人の心をつかむ演出に脱帽です。ああ、情熱、ってこういうことなのだ。自分が本当にやりたいことでお客さんを心から楽しませたい。ずっとそのことばかり考えていたんだろうな、って思ったらなんだかじわっと来てしまいました。いい勉強をさせていただいた、そんな夜でした。

◇元気な人たちに出会って、よっしゃ今月も元気に行こうとプールにじゃぼん。まだまだビールも美味しいです。今月も人生楽しみましょう!
posted by Alligator Natsuko at 02:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊 Alligator's Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

とっても心地よい、島のSwing Festival

今年で3年目、Jeju Island Swing Festivalにお招きいただき、Soul Food Cafeで行ってきました。

済州島(Jeju Island)で観光会社を営むJUMIさんご夫婦が企画する、手作りの暖かいフェスティバル。
リゾートホテルBlue Hawaii に宿泊、そのボールルームで夜中に行われるスイングダンスをメインに、お昼には観光やプールサイドでのイベント、夕方はビーチで夕日を眺めながらダンス、さらに済州島の名物黒豚のバーベキューと盛りだくさんの2泊3日。年々人気が出てきて、今年は去年から人数が倍になり、参加者400名!

学生さんでも参加しやすい料金、相部屋の人たちと仲良くなれるように用意されたイベントの数々、JUMIさんご夫婦のホスピタリティが溢れんばかりの、本当に暖かくて楽しいフェスティバル。ソウルでダンスの最先端を追いかけているフロアとはまた一味違う、学園祭みたいな雰囲気。

この雰囲気を今年はリラックスして楽しみたかったので、出発前に100曲×5人の譜面をねじり鉢巻きで揃え出発。JUMIさんたちのサービス精神に触れると、こんな曲も、あんな曲も、というアイディアが次々と湧いてきてしまって、整理するのが大変でしたが。^0^

演奏は金曜日、土曜日どちらも深夜12時から3時半までに4ステージ。とにかくみんな、踊る、踊る。ちょっと速い曲になると腕に覚えのあるカップルがバンド前にずずっと進み出て、かっこよいところを見せてくれる。それに見とれるお嬢さん、私たちの演奏に食い入るように見入るお兄さん、ダースベイダーからマリオまで、仮装したダンサー、本当にみんな思い思いにフロアを楽しんでいる。
ステージの合間にはレーザーショー、ベストドレッサー賞、などイベントが織り込まれ、これがまた楽しい。

今回とても嬉しかったのが、2008年にソウルのオリンピックスタジアムでのスイングフェスティバルにSFCを呼んでくれた馬君(Magun) ご夫婦に会えたこと。ソウルのダンス界では超ベテランのカップルで、ここでもテンポの速い曲でキレッキレのステップでフロアを湧かせてくれた。そんな彼らがこののんびりしたフェスティバルを楽しんでいる、それがとても素敵で。

SFCのことを知っている若者も結構いて、Sunny Side や Caldonia になるとみんなフロアに飛び出してくる。嬉しいことです。

思いのほか暑かったこともあり、昼はおとなしくして、とにかく夜のフロアを楽しんだ今回。韓国とのご縁も10年を超え、今年も沢山のエネルギーに浸れたことにしみじみと幸せを感じています。
食べるものは相変わらず、豊かで美味しかった!
又行けるよう、体鍛えて備えます。

posted by Alligator Natsuko at 18:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

古川奈都子2016年8月号

ちょっと涼しい7月後半に油断していたらまあ、なんと強力な夏が本格到来!
皆様、熱中症にはどうぞご注意くださいね。

8月は釧路へのショートトリップで始まりました。
湿原の美しい風景に清々しい気持ちになったところで、今月は表参道スイングボール、そして済州島のスイングフェスティバルと、ダンスイベントがひしめいております。ダンスとジャズ、ともに歴史を刻んできたパートナー。フロアに溢れるグルーブをぜひ体験してください。

今月も生ビールの美味しいライブ、ご用意してお待ちしています。

8月のライブ

8/10(水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

8/11(木)表参道 SUMMER SWINGIN' BALL
@表参道 東京サロン 
open  5:00 pm  live  6:00pm-9:00pm
おなじみ、スイングダンスイベントです。済州島スイングフェスティバル行を控えたSoul Food Cafe のエネルギッシュなライブとダンスをお楽しみください。
=Soul Food Cafe 菅野淳史(tp) 海付豊(sax,cl )小林真人(b) 平林義晴(ds)
★リスナー料金がありますので、フルカワまでお問い合わせください。

8/12 (金) 西荻窪・ミントンハウス  03-5370-4050 7:30-10:10pm
=海付豊(Ts,cl) 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mintonhouse/
意外にはじめてなMinton HouseでのDUO。ニューオリンズからジャズの庭を自由にお散歩。

8/15(月) 川崎・ぴあにしも セッション  044-222-8422 7:30-11:00pm
=山本カントク(b) 松林すえちゃん(ds)  http://jazzpp.com/
練習してきたその一曲、一緒に演奏する楽しみをぜひ体験してください。

8/17(水)播東和彦 歌手生活34周年&Birthday Bash!!
横浜ニューオリンズフェスティバルでご一緒している播東さんのライブに海付豊(sax,cl)とともにゲストで参加いたします。

8/19 (金)〜 8/21 (日) 済州島スイングフェスティバル2016

8/23(火) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

8/24 (水) 日吉・Wonder Wall Yokohama  045-595-9967 7:30pm-11:00pm
=海付豊(sax,cl)  http://wonderwall-yokohama.jp/
1周年を迎えた日吉大人の隠れ家。

8/25(木) 登戸・鳥膳丸梅 ジャズナイト  044-935-3992  
=海付豊(sax,cl) 7:30pm-  http://r.gnavi.co.jp/b338900/
チャージ無料のお座敷ライブ。焼き鳥、美味しい!

8/27 (土) 川崎・ぴあにしも 044-222-8422 8:00pm-
= 海付豊(sax,cl)  http://jazzpp.com
美味しい手作り料理の待っている、リビングみたいなジャズダイニング。
今年いっぱいで移転予定、歴史のしみついた今の場所でのライブ、ぜひ見ておいてくださいね!11/5(土) にはフェアウエルコンサートにSFCで出演します。

8/29(月)川崎・ぴあにしも 044-222-8422 8:00pm-
= 松下友子 (vo) 小林真人(b) http://jazzpp.com
暑さの癒える、爽やかな歌声

8/30 (火) 新宿・サンメンバーズ  03-3349-8601
=solo  7:00pm-  http://www.trusty.jp/sunhotel/shinjyuku/
ホテルダイニング、「エクセレントクラブ」での演奏です。スタンダードジャズ&ポピュラーを弾き語り。

8/31(水)新宿3丁目・ニュートンズアップル   03-5366-9626 7:30-11:00
 =solo   http://www.newtonesapple.info/
気軽に通える、ジャズ酒場。ナツコワールド全開です。パスタやピザなどおいしいおつまみもたくさん。

夏の横浜ニューオリンズ祭りは残念ながらお店とのスケジュールが合わず、開催を見送ることになりました。ファンの皆様、ごめんなさい!来年のマルディグラには必ずサムズアップに戻ってきます。

そのかわり、こんな楽しげなフェスティバルにお招きいただきました。

★9/3(土)&4(日) ヨコスカ トモダチ JAZZ 2016
ドブ板通りがBourbon Streetに。佳き時代のニューオリンズに思いをはせ、ソロ&Moonyさんとのコラボで出演。タイムテーブルは追ってHPにアップいたします。

又、10/19にはサムズアップにニューオリンズからWendell Brunious(tp)のバンドがやってきます。入れ替え無しで本物のニューオリンズジャズを聴ける機会ですので、ぜひ足を運んでください。詳細が決まったら私のほうからもご案内させていただきます。

★9/29(木) ナッツボン@ぴあにしもに遂に登場!

◆三重&大阪のツアー、今年も素晴らしいツアーとなりました。ホールコンサートでは素晴らしいメンバーのサウンドが日を追うごとに練れていくのを特等席の舞台そでで体感する贅沢。三重&大阪では私たちのニューオリンズへの思いが真っ直ぐ受け止めてもらえて本当に暖かいステージができました。好江ちゃん、永田君、大阪の素晴らしいメンバーにも大感謝です。
しかし暑かった〜〜。7/3の尾鷲は38.6度!月の始めが暑くなるのがこの夏のパターンかしら?

◇初めての試みだった、銀座SWING 夕刻のライブ。窓の外が少しづつ暮れなずむのを眺めながら、ゆったりした時間が流れました。敷居が高い、と思われている銀座の老舗ですが、とても風通しよく、心地よい空間。まさにNew Orleans Afternoonでした。

◆釧路、久しぶりの完全オフ旅はザンギと炉端、名物「霧」三昧。2009年に初めて行ったときに「霧祭り」っていうポスターが張ってあって、ユニークな祭りもあるものだ〜とおもっていたけど、川面に、岬に、海に、ともかく霧だらけ。このおかげで釧路は28度を超えることがないんだそうです。ひやりとした空気は本当に心地よかった。うー、今、行きたい!

posted by Alligator Natsuko at 16:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊 Alligator's Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

古川奈都子2016年7月号 Go West!

今年も前半が過ぎようとしています。早いような、長いような。
何より、音楽を奏でながら過ぎている毎日、梅雨空だってへっちゃらでございます。

明日からは恒例の三重、名古屋のツアー。前半には好江ちゃんとのナッツボン、後半には大阪へ足を伸ばし、最高のニューオリンズドラマー永田充康君とのライブがあります。
毎年のことながら楽しみです。三重、名古屋、大阪の皆様、お会いできるのを心から楽しみにしております。

春のニューオリンズ里帰りで吸い込んできた空気が少しずつ発酵して、又新しいニューオリンズの風景が心の中に生まれています。
人生を一日ずつ、いとおしんで楽しむこと。お日様が昇ったらほんの少しだけ、新しい自分になっていること。
「小さな幸せ」なんていいますが、幸せに大きいも小さいもありませんものね。

ひと時の幸せを運べるような音楽を携えて、さあ、Go West!

7月のライブ______ 詳細は http://www.pianonatsuko.com

夏のツアー!
★口開けはニューオリンズソウルメイトのトリオ
中村好江ニューオーリンズTRIO「ナッツボン」 = tp中村好江 cl.ts海付 豊

・6/30 (木) 名古屋 キャバレロクラブ  052−931−0914 8:00pm- 
予約2500円 当日3000円(別途テーブルチャージ500円)
 http://www.caballero-club.com/

・7/1 (金) 四日市 Take Zero (テイクゼロ) 059−354−0606 7:30pm-
予約2500円 当日3000円  木に包まれたカフェ 
 jazz-take0@amail.plala.or.jp

★7/2 (土)〜 7/7 (木) 新宿トラッドジャズフェスティバル in 三重&名古屋
https://www.facebook.com/natsujazz/

★古川奈都子 ニューオリンズSpecial  in Osaka
2年ぶりの大阪ライブ、大阪のニューオリンズジャズシーンを支えるリズム隊を迎え、彼の地の躍動をお伝えします。
・7/8(金)大阪東心斎橋・マダムピサ 06-6241-9089
=海付豊(sax,cl) 西本翔一(tuba)  永田充康(ds) ゲスト 中村好江(tp)
20:00〜   \3,000-(1drink付)
http://madampisa.com/

・7/10(日) 大阪梅田・ニューサントリーファイブ 06-6312-8912
=中村好江(tp) 海付豊(sax,cl) 時安吉宏(b)  永田充康(ds) 
14:00-16:00  2ステージ  \2,000.-(1ドリンク付き)
http://www.newsuntory5.jp/
 17-18:00   スイングダンスイベント  "Easy Swing Party" にナッツボンでチョイ出演。
https://www.facebook.com/events/231133137271214/

7/13(水)関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

7/14 (木) 田原町・ハブ浅草店  03-3847-8896 19:20-22:20
=Soul Food Cafe= 菅野淳史(tp) 海付豊(sax,cl) 石原由理(tb) 小林真人(b) 平林義晴(ds)
http://pub-hub.com/index.php/shop/detail/6
いつも賑やかな浅草の名所。Soul Food Cafeののホームグラウンド。
エネルギッシュで楽しいニューオリンズジャズをお届けします。

7/15(金) 自由が丘 マルディグラ  “ハートフルニューオリンズナイト“ Live & Session
=海付豊(sax,cl)    03-3722-6892  8:00-11:00pm
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/
ニューオリンズの香りの濃く漂うホームグラウンド。
ガンボやフライドチキンなどニューオリンズ料理も楽しめます。
トラッドジャズを中心にセッションもあります。ニューオリンズの空気を思い出しながら。

★7/17 (日) 銀座・SWING ”New Orleans Afternoon in Ginza”  03-3563-3757
ジャズクラブの老舗が日曜の夕方にお送りするライブです。
古川奈都子トリオに名手小林真人(b)を加え、「New Orleans Afternoon」のリラックスした空気を再現します。
= 古川奈都子トリオ+小林真人(b)=  海付豊(sax,cl) 佐久間 和(g) 小林真人(b)
16:30開店 / 1st.ステージ 17:30-18:30 / 2nd.ステージ 19:00-20:00 / 
チャージ 2700円 お飲み物、フード500円〜 のSwing 特別価格! ぜひご予約下さい。
http://ginzaswing.jp/

7/20(水)関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで
7/21 (木) 新宿・サンメンバーズ  03-3349-8601
=solo  7:00pm-  http://www.trusty.jp/sunhotel/shinjyuku/
カウンター、イタリアンダイニング、鉄板焼きのコーナーのあるホテルダイニング、「エクセレントクラブ」での演奏です。スタンダードジャズ&ポピュラーを弾き語ります

7/22 (金) 川崎・ぴあにしも 044-222-8422 8:00pm-
= 海付豊(sax,cl)  http://jazzpp.com
美味しい手作り料理の待っている、リビングみたいなジャズダイニング。
今年いっぱいで移転予定、歴史のしみついた今の場所でのライブ、ぜひ見ておいてくださいね!

7/23(土) 南万騎が原・ゲルベ  045-365-5707 19:30-
=曽我清隆(tp) 丸山朝光(bj)  予約をお勧めします
20席限定のアコースティックでアットホームなライブです。
ニューオリンズのちっちゃなお店の雰囲気で、濃密な演奏をお届けしてます。とっても味わい深いお店

7/26 (火) 新宿・サンメンバーズ  03-3349-8601
=solo  7:00pm-  http://www.trusty.jp/sunhotel/shinjyuku/
カウンター、イタリアンダイニング、鉄板焼きのコーナーのあるホテルダイニング、「エクセレントクラブ」での演奏です。スタンダードジャズ&ポピュラーを弾き語ります

7/27(水)関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで
7/28 (木) 神田・step   03-3251-0722(17:00以降)  7:30pm- 
メロディアスな菅ちゃんのトランペットとともに濃密なアンサンブル、お届けします。
=古川奈都子(p,vo) 菅野淳史(tp) 海付豊(Ts,cl) 小林真人(b)   
http://step.valvalo.com/

7/29 (金) 日吉・Wonder Wall Yokohama  045-595-9967 7:30pm-11:00pm
=海付豊(sax,cl) 小林真人(b) みのみや俊介(ds) 
http://wonderwall-yokohama.jp/
日吉に登場した大人の隠れ家。前回好評のメンバーでスタンダードナンバー&隠し味にニューオリンズのテイストを効かせてお届けします。

7/30 (土) 西荻窪・ミントンハウス  03-5370-4050 7:30-10:10pm
=海付豊(Ts,cl) 佐久間和(g)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mintonhouse/
ニューオリンズアフタヌーンな3人組

7/31 (日) 新宿三丁目・銅鑼  03-3226-0919  1:00-4:30pm 
=白石幸司(cl) Duo 他  http://www.jazz-nagaya.com/dolivedora.html
入場無料 持ち込み自由

夏もモリモリと行きます
8/11 表参道Summer Swingin' Ball   http://www.impetus.ne.jp/
8/17 播東和彦 歌手生活34周年&Birthday Bash!! 
今年のNew Orleans Summer Festival はこちら!!https://www.facebook.com/events/1040006999426943/
8/19&20 Jeju Island Swing Festival 

◇旅を前に、またも遠足前の子供状態。あれやこれや....。一年に一度、楽旅で同じ場所を訪れるのはなんとも心浮き立つもの。日本一きれいな銚子川を思い浮かべつつ譜面より先に水着用意してるアタクシ。

6月はジャズを学ぶ沢山の思いにゆっくり触れた月でもありました。ぴあにしもの発表会があったり、大分や神戸から遠路私のレッスンを受けに来て下さる方がいたり。私がニューオリンズや日本の素晴らしいミュージシャンから得たものをお分けして、ジャズと暮らす人生が豊かで素敵なものであるよう、お手伝いできたら嬉しいと思っています。皆さんが1曲にこめる情熱、私のほうが学ぶこと多いかも!
posted by Alligator Natsuko at 16:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊 Alligator's Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

引き込まれる個性 =赤坂由香利(p.vo)=

久しぶりに朝7時の満員電車に乗って成田近くで「アンサンブルの黄金比」3管とピアノ、バンジョーというニューオリンズの心地よい川風の中にいる様な演奏を終え、夢心地で船を漕ぎながら戻った川崎。

ぴあにしもに立ち寄ると、ちょうど赤坂由香利さんのライブが始まるところだった。
私と同じ、ピアノの弾き語り(この言い方、いかさないなあ、なんかいい呼び方ないかしら)。出演場所も重なることが多く、名前はずっと見ているのだけど、随分前に会ったきり、なかなか会えないでいた。

真っ直ぐあかさかゆかり.jpgな髪、シャープな眼差しは最初に会った印象そのまま。でもMCするとかなりかわいらしい。あれ、意外。(失礼!)
囁くようなタッチのピアノで曲が始まる。ベースとちょっと悪いたくらみをしてるんじゃないか、というくらいひそひそと、でも大胆な音楽会話。お酒を飲んでいる人もみんな手を止めて振り向いてしまう。その会話に秘められた何か、を聞き逃したくないと思ってしまうのだ。
そしてボーカルが始まった瞬間、
Nina Simone ! が浮かんだ。(よく言われるのだそう)

ざらりとした面とビロードのように滑らかな面と両面を持つ声。張り上げることはないけれど、深く胸に沈み込む。

忘れ物を取りに行ったのに、結局最後まで目が離せず、おまけに日本酒3杯ものんぢまった。由香利さん、素晴らしい時間をありがとうございました。
続きを読む
posted by Alligator Natsuko at 01:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

トランぺッターの覚醒=中村好江=

5月の末からル・クラシックコンサート、Sonesta@Minton House で共演した中村好江ちゃん。
3月から4月にかけて1か月をニューオリンズで過ごしてきた彼女が何を感じ、何を聴いてきたか、それを彼女の演奏から感じるのを楽しみにしていた。

Yoshie nakamura.jpg変わったのだ〜〜、いままでで一番。
元気で溌剌と前に出ていくスタイルはもともと彼女の最大の魅力だけれど、その前のワントラップ、というか、シュートの前に一呼吸おいたり、フェイントをかけたり、そういうやり取りの妙味の引き出しを随分と作って戻ってきた。ゆっくり温めるブルースも、深さを増していた。

ニューオリンズではいつもはあちこち、ライブをハシゴしていたのだけど、今回は毎日プリザベーションホールに通い、最初から最後まで聴き、ステージに上がっていたのだそうだ。

なるほど。

一日のステージの中ではいい瞬間ももどかしい瞬間も、波のようにやってくる。いい瞬間だけ、楽しい瞬間だけ感じていると音楽は薄っぺらになってしまう。
ニューオリンズで演奏するだけで楽しい、という時期が終わり、今のプレイヤーの奏でるニューオリンズジャズの中に心も体も浸っていたのだね。ニューオリンズジャズと自分にひとり、まっすぐに向き合った時間が彼女の演奏から立ち上っていた。

まるで蝶が羽化するように、ミュージシャンの魂がが覚醒するエキサイティングな瞬間。これがさらに彼女の中に落とし込まれていくのだろう。次の共演がまた楽しみ。
posted by Alligator Natsuko at 03:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

古川奈都子2016年6月号

ニューオリンズから戻り、新宿トラッドジャズフェスティバル、ル・クラシックピアノコンサートと彼の地の空気を纏いながら5月が過ぎました。
ライブに足を運んでこのフィーリングを共有してくださった皆様、本当にありがとうございました。言葉では表せない、ニューオリンズの空気を感じて頂ければ幸せです。

今月はレギュラーのライブを中心に、月末から始まるツアーに向けてじわじわと温めていきたいと思います。まだまだ驚きに満ちたニューオリンズの音楽から吸収してきたもの、お伝えしたいと思います。
どうぞ美味しいビールをお供に、聞きにいらしてくださいね。

6月のライブ

6/2(木) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで
=中村好江(tp) 海付豊(sax,cl)   http://blog.goo.ne.jp/jazzlivebar_apple
関内の隠れ家ピアノバー。ミュージシャンやライブ帰りのお客さんが集まったり、いつでも音楽の満ちたお店です。

6/3(金) 自由が丘 マルディグラ  “ハートフルニューオリンズナイト“ Live & Session
=海付豊(sax,cl)    03-3722-6892  8:00-11:00pm
ニューオリンズの香りの濃く漂うホームグラウンド。
ガンボやフライドチキンなどニューオリンズ料理も楽しめます。
トラッドジャズを中心にセッションもあります。ニューオリンズの空気を思い出しながら。

6/5(日) 三軒茶屋 Whisper
=北原雅彦(tb) quartet  河上修(b) 藤井学 (ds)    
03-5787-5794   7:00-9:30pm   http://whisper.co.jp/whisper/
東京スカパラダイスオーケストラのトロンボーン奏者、北原さんが集めた腕達者のシリアスで抱腹絶倒なライブ。

6/8(水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

6/11 (土)  神保町・アディロンダックカフェ  03-5577-6811  7:30-10:30pm
=加藤晋一(tp) ニューオリンズセッション 後藤雅広(cl)  公平昭浩(bj) 伊藤穣一(b)
私のジャズの原点、直球のニューオリンズリバイバル。投げ銭ライブ

6/12 (日) 新宿三丁目・銅鑼  03-3226-0919  1:00-4:30pm 
=下間哲(tp)Duo 他  http://www.jazz-nagaya.com/dolivedora.html
入場無料 持ち込み自由

6/13(月) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

6/15 (水) 新宿3丁目・ニュートンズアップル   03-5366-9626 7:30-11:00
気軽に通える、ジャズ酒場。

6/16 (木) 西荻窪・ミントンハウス  03-5370-4050 7:30-10:10pm
=海付豊(Ts,cl) 田野重松(b)
”兄貴”と豪快にスイング

6/22(水) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

6/23(木) 登戸・鳥膳丸梅 ジャスナイト  044-935-3992 
=海付豊(sax,cl) 7:30pm-  http://r.gnavi.co.jp/b338900/
チャージ無料のお座敷ライブ

6/24 (木) 新宿・サンメンバーズ  03-3349-8601
ホテルダイニング、「エクセレントクラブ」での演奏です。スタンダードジャズ&ポピュラー

6/25 (土) 川崎・ぴあにしも 044-222-8422 
 = 海付豊(sax,cl)  http://jazzpp.com
美味しい手作り料理の待っている、リビングみたいなジャズダイニング。
今年いっぱいで移転予定、歴史のしみついた今の場所でのライブ、ぜひ見ておいてくださいね!

6/27(月) 関内・Apple       045-641-3396    8:30-11:30pm    問:古川まで

夏のツアー!

★口開けはニューオリンズソウルメイトのトリオ
中村好江ニューオーリンズTRIO「ナッツボン」 = tp中村好江 cl.ts海付 豊

・6/30 (木) 名古屋 キャバレロクラブ  052−931−0914 8:00pm- 
予約2500円 当日3000円(別途テーブルチャージ500円)

・7/1 (金) 四日市 Take Zero (テイクゼロ) 059−354−0606 7:30pm-
予約2500円 当日3000円  木に包まれたカフェ 
 jazz-take0@amail.plala.or.jp

★7/2 (土)〜 7/7 (木) 新宿トラッドジャズフェスティバル in 三重&名古屋

★古川奈都子 ニューオリンズSpecial  in Osaka
2年ぶりの大阪ライブ、大阪のニューオリンズジャズシーンを支えるリズム隊を迎え、彼の地の躍動をお伝えします。
・7/8(金)大阪東心斎橋・マダムピサ 06-6241-9089
=海付豊(sax,cl) 西本翔一(tuba)  永田充康(ds) ゲスト 中村好江(tp)
20:00〜   \3,000-(1drink付)

・7/10(日) 大阪梅田・ニューサントリーファイブ 06-6312-8912
=中村好江(tp) 海付豊(sax,cl) 時安吉宏(b)  永田充康(ds) 
14:00-16:00  2ステージ  \2,000.-(1ドリンク付き)

7月17日  銀座 SWING
[New Orleans Afternoon in Ginza]  5:3pm-8:00pm 
海付豊(sax,cl) 佐久間 和(g) 小林真人(b)

◆ニューオリンズから戻って1か月。心に飲み込んだものをゆっくり反芻しながらジャズを自分の体の一部にしていく日々。耳も心もオープンになって、新宿トラッドジャズフェスをはじめ周りで奏でられる音楽のカラフルさにひとつひとつココロ踊る、これがニューオリンズの空気の一番の効能。

◇湘南の皆様に愛され、19回目を迎えることができたル・クラシックコンサート。同じ空気をニューオリンズで浴びてきた中村好江(tp)ちゃんとともに、とてもとてもいい音が出せてとてもとてもいい笑顔を浴びるほど頂きました。なんと幸せなことでしょう。
来年は20回目、これを数えることが音楽生活を続けるときにいつも勇気を与えてくれました。さあ、また一年、さらに心に響く音を!と思います。
posted by Alligator Natsuko at 18:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊 Alligator's Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

2016 nola1 再び出発 〜 ニューオリンズ着!

4月20日、仕切り直しとなった出発日は快晴。いざ(今度こそ)ニューオリンズ!
チェックイン後、三崎丸でお寿司をつまむ、私はやっぱり日本人。
電気屋を覗いたら最新鋭BoseのBluetoothスピーカーの隣にウォシュレットが箱詰めの状態で山積みされているのがちょっとコミカルな風景だった。
今日は定刻、それも振替便は思いがけずJALの最新787。これ、乗ってみたかったんだ!導入直後はいろいろ不具合があった最新鋭機だけど、座席のリクライニングもたっぷり、ディスプレイも大きく、機内食も美味しく、快適なフライト。
見たかった「Bucket List」 が映画のリストにあり、うるうると鑑賞。病人を演じてなおチャーミングなジャック・ニコルソンもモーガン・フリーマン。ココロが満たされたので映画はこれ一本でおしまい。

現地時間10am、Dallas/Fort Worth 空港に着陸。

パスポートを読み取る機械で手続きを済ませ、出口に向かうと、立っている係官がいきなり相方のほうだけ右の従来の係官のいるゲートへもう一度行け、と指示。理由を聞いても説明されず、私はそこに立っているな、と外に出された。そうやってグループをいきなり分けられた人たちがゲートの外で、同行者を心配そうに待っているのだ。どうも、機械読み取りの後に出てきたレシートみたいなのに斜線を引いてある人をランダムに再検査に送ってるらしい。(後で見ると相方のレシートはそれだった)。そうならそうと説明してくれればよいのに。グループで動いていて、そのなかの英語がおぼつかない人がいきなり一人で係官との面接になったりしたら、係官だって面倒くさいだろうに。何考えてんだ、アメリカは。
ともあれ、相方も無事入管をクリア。ほっとしたのでBBQリブをつまみにアメリカ初ビールで乾杯。しかし、毎年物価が上がりますな。外で何か食べたら最低でも一人15ドルはかかる印象。

ダラスからも定刻で2pmニューオリンズ着。来ましたよ〜〜!
バゲージクレームに下りる吹き抜けからなにやらいいギターの音が聞こえてくる。あれ?ステージの上にいるのって、Charmaine Neville? ギターはDetroit Brooks(Michael Whiteと来日してた)pianoはAmasa Miller! なんだか縁起いいじゃない?
演奏は間もなく終了、するとあちらからDetroitのパートナー、Kanakoさんと、なんとLonnie Smith (org) が登場。私たち、狂喜。明日、Snug Harborで演奏とのこと。やったー!幸先良過ぎのスタート。

荷物も無事ピックアップ、今回お世話になるお友達が迎えに来てくれて、ジャズフェス会場からほど近いお宅に到着。
荷ほどきしてると明日ニューヨークに戻るというベースのNori Naraoka君が訪ねてきてくれた。今度ここでレコーディングするんだって。プロデューサーの高瀬君と車で2日間かけてきたそうな。タフ!
ザリガニもさっそく頂き、頭の中は南部にシフト完了。

夕方、さっそくフレンチクオーターへ。Gregg Staffordがレギュラーで出るようになったPalm Courtで3セット、しっかり聞く。最もニューオリンズトラッドらしいトランペットがこれだけ贅沢に聞けるのは久しぶりなのだ。乾いた砂に水が染み込むみたいに、体全体にジャズが行き渡っていく、幸せな時間をかみしめる。
今年も来られた!!最高!
posted by Alligator Natsuko at 00:30| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | New Orleans日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする