2012年03月17日

day5 : 古着屋&St Pat's day parade

ニューオリンズはParade cityだ、と誰もが口をそろえる。
そのとおり!と実感できる週末がやってきた

起きると快晴。お昼までに気温はぐんぐん上がってきて夏の陽気。幸せ!
French Quaterのパレードは夕方からなので、午後はみんな大好きな古着屋へGO!古着屋っていったって日本の小洒落た店じゃなくて、要らなくなった古着を寄付で集め、それをリサイクルして売る、職業訓練校を兼ねた「Goodwill」は巨大な古着スーパーマーケットだ。分類も、紳士用、婦人用、子供用、シャツ、ズボン、スカート、Tシャツ、くらいのざっくり度で、あとはひたすら、ハンガーを繰って行く。色形から大きさまでさまざまな中からおっ!と思えるものを探し出すのはなかなか楽しいのだ。
品物には住人のテイストが感じられてこれも興味深い。去年より色合いが全体にメキシコ人好みのパステルがかっている。ハリケーン以降、メキシコ人が働き手としてたくさん移住してきたのが表れているようだ。

「あんまり買うつもりなかったから」などとのたまうメンバー、甘いな〜。結局みんなゴミ袋(品物はコレに入れて渡される)を抱えて帰ることに。1着$3.75という値段だもん、つい買っちゃうでしょう?

2時間以上、がっつり買い物してエネルギーを使ったのでFQに戻り、BrewhouseでOYSTER!!ここ数年より半月早く来ているせいで牡蠣はまだシーズン中。相変わらずここの牡蠣は美味いですな。値段は1ダース15ドル。じわりじわりと上がってはいるけど、満足の一皿。

アイルランドの人が祝うSt.Patrick's dayとイタリア人が祝うSt.Joseph's dayがどちらもこの週末なので、緑の軍団と赤白緑3色の軍団があちこちでパレードを繰り広げている。ビールが緑色に染まっていてぎょっとすることも。

午後8時、薄暮の中Decatur streetにパレードがやってきた。お約束のビーズ、造花やカップいろんなものが投げられる。一つキャッチすると気分が盛り上がっちゃってひたすらキャッチ!

1時間ほどのパレードですっかりお腹が空きました。すぐ後ろの我等の隠れ名レストランMOJOへ。ガイドブックにも載らず、食事ができることも知らない人のほうが多い、店内は暗くてどうみたってバーの佇まい。ここでsun dried tomato とバルサミコdressingのとびきり美味しいサラダや香りのいいポークやビーフが食べられる。それもとてもフレンチクオーターとは思えない値段で。あまり知られたくはないけれど、ニューオリンズで今どこで食べたい?ときかれたら迷わずココ!

明日のSuper Sundayに備え、今日はここでおしまい。

week1 のフォトアルバム作りました!
https://picasaweb.google.com/alligator725/Nola2012Week1?authuser=0&authkey=Gv1sRgCICK-9CXwrO9iwE&feat=directlink
posted by Alligator Natsuko at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | New Orleans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック