2013年02月10日

Udadi Gras2013= Viva!日本のニューオリンズジャズ

仕事のない土曜の夜、ダウンタウンへ繰り出そう!(古?)と渋谷のWasted Time で開かれた Udadi Gras(宇田川町のマルディグラってことね)へ出かけた。

http://www.facebook.com/events/327390714042270/


ドラマーの三輪くんがオーガナイズして、ニューオリンズジャズ、ブラスバンドと太陽ソウルという不思議なジャンルの3つのバンドが出演。

毎年のことながらニューオリンズの空気を一番忘れかけるこの時期。風邪っぴきで冴えない1月を送った私は高校時代の毒舌ブラバン友、マリコを誘ってワカモノの生き血、じゃなく精気を吸って生き返ろう、って魂胆。

期待に違わず、真っ直ぐで温かいエネルギーに満ちた、心地よい
時間だった。

トップバッターのダラスバッテリー。 taiyo soulが何であるかは最後まで解明不可だったが、ブルースブラザースが飛び出し、ステージの半ば頃からメンバーがところ狭しとぴょんぴょん飛び始めてから俄然楽しくなった。サマソニに出るのが目標だそうで、このフロントペアの欽ちゃん飛びはぜひ天井のない開放的なステージで披露していただきたく、出演実現に1票。

2番手はBig Chicken Project。実にストレートなニューオリンズリバイバルジャズ。生きのいいフロント3管のアンサンブルとステイブルなビートをがっちりと刻むリズム隊。、初めてニューオリンズに行った時プリザべーションホールで聴いた音を思い出した。ゆるく、大らかで、熱い。メンバーは 早稲田のニューオリ出身、 こういうサウンドが受け継がれて、このところ東京の下町を沸かせているなんて、Viva!

トリはOne Time Brass Band。ハチャトゥリアンのメンバーでもある三輪君とハロちゃんが夜明けのガストで結成したとな。Rebirth Brass Bandが作り出したハッピー満載の選曲+トランペットの菅野君を筆頭に馬力のあるフロント陣+「花嫁の父」みたいな抱腹絶倒のMC...と、聴きどころツッコミどころ満載。ブラスバンドが日米問わず幼児化している昨今、こういうオヤジ臭いバンドに出会えたのは寿なこと。One Timeといいながら何度もライブやってるのも紳士服の青木が毎度店じまいセールをするが如く、お約束でうれしい。

そして最後にMardi Gras In New Orleans & Saints.
とにかくステージに上がるみんなの表情が素晴らしい。音楽を奏でられる喜びが炸裂してる。ちょいとピアノ&歌で参加させてもらった。
店を出たら、体が軽くなっていた。素晴らしいミュージシャンと三輪くん、ありがとうね!!又来年もやってね

そして2/22 今度は横浜でニューオリンズのパワー振りまきます!

posted by Alligator Natsuko at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | New Orleans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック