2014年11月25日

ジェットコースターな11月

YOKOさん来日ライブから岡崎ジャズ、新宿トラッドと怒涛の秋がひと段落。

2年ぶりだったYOKOさんはその思いを地中のマグマのごとく濃縮した凄いステージを聞かせてくれ、岡崎では好江ちゃんが一枚ベールを脱ぎ捨てるように進化する瞬間に立ち会えた。毎度毎度やってくるわけじゃないけどだからこそそういう時、思わず叫びたくなるくらい血がたぎる。ジャズってやっぱり最高だ。

好江ちゃんが最高の演奏をした岡崎ジャズでは私はどんぴしゃで風邪をひき、よりによって本番の2日間、声が出ず。

ようやく風邪が抜け、いよいよ新宿トラッドを週末に控えた木曜日、今度は右肘を負傷。肘をギプスで固めての演奏になった。

自分の甘さが骨身にしみた。今年の初めから家族に起こった様々な困難を、乗りきれたつもりになっていた自分に呆れている。
音楽が演奏できる嬉しさに図に乗って、心身の傷が本当に癒えているのか、きちんと確かめもせずに走り出そうとしていた。

体は正直だ。しばらく、自分がどれだけ「できない」のか、確かめる時間になるのだろう。

CIMG0180.JPGギプスの腕でいろいろ弾けないフレーズがある。でも弾けない分共演者に頼り、その魅力に寄り添えるような音を出そうと全神経を集中している自分に気づき、ああ、やっぱりいままで奢っていたなあ、と思う。「自分が」演奏してると思い込んでいた。
フェスティバルの演奏の後「楽しかった」「素晴らしかった」と声をかけてくれる人に会うと、素直にそういうサウンドになっていてよかった、と思う。片手だろうが、指一本だろうが、心地よく聴いてもらえればいいのだから。

新宿トラッドで7回のステージを無事に終え、九州男のセッションで50人を超える音楽仲間たちが代わる代わるアイディアと情熱に満ちたセッションを繰り広げているのをぼんやりと眺めながら、こんな状態でもなお幸福感に満ちているワタシ。
一体いつまでおとなしくしていられることやら。

というわけで、久しぶりに一目ぼれして買ったドレスはギプスが取れるまでお預け。ぐっすん... .





posted by Alligator Natsuko at 02:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック