2017年02月10日

プノンペンの3日間(2)=tuk tuk が楽しい!

カンボジアの文化はクメール、と呼ばれる。言葉はクメール語。クメール料理ははタイ、中華、インドの料理が混ざり合っている感じだ。スパイスや塩味はきつくなく、全体に優しい印象。アモックというカレー風味の料理が美味しかったな〜。

支払いはほとんどドルでOKで、1ドルがカンボジアの通貨「リエル」で4000。
ベトナム、タイなど東南アジアの国々が経済成長し、欧米や日本の観光客が現地の物価の安さを享受できにくくなってきて、今はカンボジアに向かってきているのだという。ドルが使えるお店でビールが80セント、というとたしかに安い。特にシンガポールが目が飛び出るほど高かったから、ちょっと嬉しかったりする。

街の中はあちこちで巨大なコンドミニアムの建設が始まっている。日本、中国からのお金で高速道路も次々と建設されている。街の形が変わるスピードがどんどん加速している今、プノンペンの少しのんびりした街の姿はいつまで続くのかしら?

この日の夜は外国人が多く集まる、という地区にあるAlchemyというライブをやっているレストランに連れて行ってもらった。ポール・モーリアの楽団でピアノを弾いていたフィル、というフランス人がキーボード、ロシア人のドラマー、ヨーロッパ系の女性ボーカリストが庭に作られたステージで80年〜のポップスを中心に演奏している。上手ですな。仕事してる、って感じ。ニューオリンズで言えばバーボンストリート。

料理はギリシャ料理とアメリカン。Southern Fride Chickenっていうのがあったので飛びついたら、薄〜い塩味だった。残念...でもハンバーガーやサラダは日本やアメリカで食べるのと変わらない味。生野菜ってあまり食べる習慣がないようだし、ちょっと前だと生野菜は当たることがあるから避けましょう、なんて言われていたから、そのへんは変わってきたのだろう。ビールを飲んで一人12ドルくらい。

出発する時にホテルのすぐ前の路上にテーブルが出ていて、地元の人が豚のソテー定食、みたいなのを食べててとても興味をそそられたのだけど、こういうところは言葉が通じないのと、食べて大丈夫かが今ひとつわからないので今回は諦めた。
現地の人の味覚、金銭感覚とかもう少し長くいて触れてみたいなあ。

最終日の朝、Central Marketへ。街中の移動はtuk tukという4人乗りのバイクタクシーが中心。信号なんてない中、自転車、tuktuk、バイク、車、さらに歩行者が入り乱れて阿吽の呼吸ですれ違っていく様はユーモラスですらある。
乗る時に行き先を言って値段を交渉する。初乗りが1.5ドル(地元の人は5000リエル。日本と欧米人は1.5ドルか2ドルでOKだけど、中国人は必ず1ドルに値切ってくる、とドライバーが苦笑していた)10分以上の距離だと2ドル。街はそんなに広くないのでmax3ドルで移動できる。交差点にはたいてい客待ちのtuktukがいて声をかけてくる。行き先を告げるととりあえず「3ドル」って言ってくるので「2ドル、じゃなきゃあっちに頼む」っていうとじゃ、2ドル、で決着が着く。夜とか他にいない場合はおとなしく3ドル払う。細かいけど、変に気前よく払っていると物価を狂わせて地元の人達に迷惑しちゃうから気をつけなくちゃね。
交渉した料金が降りた時に変わることがないので、安心して利用できるのがうれしい。

マーケットの入り口も極彩色の花屋さんが並び、奥にある布製品の店先も本当に賑やかだ。コットンのストールがおすすめだそう。花の刺繍をあしらった小物入れがかわいくてたくさん買ってしまった。裏表で色が違い、一つとして全く同じものがない。お花畑を持って帰ってきたみたい。銀製品、宝飾品なども豊かに売られていた。

抜けるような青空とわいわいと人の行き交う路上の賑わいが印象に残ったプノンペン。
ちょっと都会でちょっと田舎。のんびりできます。

posted by Alligator Natsuko at 12:14| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック