2017年04月17日

2度目のミックスダウン 

4月5&6にオーディオパークで録音したトリオの音源。
10日に一度オーディオパークでミックスダウンをしたのだけれど、少し直したい場所もあったので、今日はエンジニアの増田さんのピークサウンドにでかけて改めてミックスダウンをしてきた。

レコーディングをして、最初にミックスダウンをしたオーディオパークのスタジオは蓄音器のコレクションの並び、微妙な角度に計算されたコンクリート壁に囲まれた重厚な作り。方やピークサウンドは前田君という人懐っこいニャンコが膝に乗ってくるわ、一角にバーカウンターがあるわ、窓からロマンスカーが見えるわ、というとっても親しみやすいスペース。

同じ音源を二つの違った環境で聴きながら音を仕上げていくのはとても興味深い作業だった。
オーディオパークのスピーカーは一つ一つの楽器がはっきりと粒だって聞こえる。ピアノの音の空間に放たれた後の響きまで、聞こえる様な感じ。それはとても素晴らしいのだけれど、聴けば聴くほどそれぞれの楽器に耳が引かれてしまって、さて、全体の印象はとなると一言で言えない、と感じてしまう。
家に持って帰って、フツーの小さいスピーカーのステレオで聴くと、印象が違ってちょっとびっくり。

録音、って、それを聞く人の持っている装置によって随分印象が変わってしまう。誰に、どんなふうに聞いてもらいたいのか、そこまで想像して作るのがレコーディングなんだなあ、といまさらながら再認識。

ニューオリンズの空気を感じられるのは青空をながめながらビール片手に聞いて気持ちのいい音かな。
二つのスタジオで自分たちの音にゆっくり向き合って改めて思った、桜の季節でした。





posted by Alligator Natsuko at 03:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック