2018年06月10日

危機一髪!怖い〜飛蚊症〜すぐお医者へ!

梅雨に入ったけど今日は思いのほかいい天気〜〜洗濯もできたし、夕方から休みだし酒の肴、何にしようかな??
と夕空に浮かれつつ帰宅したら、相方が浮かない顔で出てきた。

1時間ほど前から、左目に急に飛蚊症の症状が、それもかなりひどい、という。
急いで医者を探し、ようやく間に合いそうなところがみつかった。

診察の結果は「網膜の一部に穴が開いている」 えっ??穴?
そこから血液が眼球のなかに散ったものが飛蚊症として見えていたのだ。

本当に幸いに、今の状態ならレーザーで塞げそうだ、ということで処置をしてもらう。
症状が出てから2時間半、外目には症状は見えなかったが、もし明日になっていたら眼球の中に出血が回って、レーザーでは塞ぐことができず手術になっていただろう、さらに悪化すると網膜剥離を起こし、失明の危険もある、といわれ、背筋が寒くなった。

ドクターに「よくすぐに(ここに)来ましたね。」と言われて、ほっとした.....。不幸中の幸い、運命の女神さま、ありがとうございます。

相方は20年前にも顔の帯状疱疹が、もう少しで目に届くところだった。
彼の目は、悪魔に狙われてるのかしら?
でも危ういところで助けられてる。ツイてるのかもしれない。

網膜の穴の原因は特定はできなかったけれど、彼はもともと強い近視故、網膜が平均より薄いので、起きやすいのだそうだ。

レーザーで穴が塞がったかは1週間ほど経過を見る必要があるけど、とりあえずは眠ることができそう。

IMG_20151126_145833_1.jpg皆さん、もし目の中に蚊が飛んでるような症状が出たら、すぐに眼科に行ってくださいね。
難聴もそうだけど、時間との勝負です。

しかし、昭和な私たちはお医者を探すのに電話帳を引っ張り出してしまった。習慣はなかなか取れないものだ。
そして電話帳が、急いで探したいときには役に立たないことを思い知った。「片っ端から電話する」ためにあるものなんだね。
目がやられてるときに、できるかいな、そんな事。

スマホに「川崎 眼科」って入れたら、今開いている近所の眼科を瞬時に一覧にしてくれた。
テクノロジーの有難さが身に沁みました。


posted by Alligator Natsuko at 01:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。